FC2ブログ

心のままに

最近のニュ-スや事件 色々なことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幻のニホンオオカミ

自然環境の変化や人間の文化圏の広がりにより、多くの野生動物が地球上から姿を消してしまった。日本オオカミも今日ではわずかに残る剥製(はくせい)や骨格からその姿を想像するとこしかできません。


オオカミは、食肉目イヌ科に属し、イヌ、キツネ、タヌキ、ジャッカルと同じなかまです。ライオンがネコ科の代表であると同時にオオカミはイヌ科の代表です。

日本には、2種類のオオカミがいました。1種は北海道のエゾオオカミ、もう1種は本州、四国などに生息していたニホンオオカミです。

明治のはじめまではかなりの数が生息していたようですが、エゾオオカミと相前後して姿を消してしまったのです。


悲しいことに、ニホンオオカミは古来から人畜に害を与えず、シカなどを獲物にして生きてきました。なぜ姿を消してしまったかは、今なお解明されていません。

動物 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<聴くということ | HOME | ヤマネコについて>>

この記事のコメント

しんいちさんの言うとおり、
話を聞いてあげることは、非常に大事ですよ。

基本的に人は、自分の話を聞いてもらいたいそうです。

話を聞いてくれる人というのは、好かれやすいそうです。
僕も、聞き上手になりたいくて、本を読んだりしてます。
2007-02-13 Tue 00:01 | URL | MASAAKI #-[ 編集]
今もってなお、明かされてない点があることが、
神秘的です。
2007-02-14 Wed 01:51 | URL | トンボ #8iCOsRG2[ 編集]
トンボさんコメント ありがとうございます。
2007-02-14 Wed 15:33 | URL | しんいち #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。