FC2ブログ

心のままに

最近のニュ-スや事件 色々なことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

空を飛ぶまで1億年以上

鳥類が空を飛ぶのに必要な効率良い身体構造は、2億3000万~2億5000万

年前の祖先の獣脚類恐竜の段階で、全遺伝情報(ゲノム)の縮小という

形で準備が始まっていたことが分かった。米ハーバード大と英レディン

グ大の研究チームが、絶滅した恐竜と鳥類、現在の動物のゲノムを分析

した成果を、8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。

ゲノムが小さければ、細胞も小さい。特に血液に酸素を取り込む赤血球

は、体積が小さいほど相対的に表面積が大きくなり、運動中の呼吸が容

易となる。グライダーのように滑空するだけでなく、羽ばたいて飛ぶ現

代型鳥類は約1億1000万年前に出現しており、空を飛ぶには長い「助走期

間」が必要だったと言えそうだ。 

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<人に愛されるということ | HOME | アレルギ-について>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。